本文へスキップ

愛知県安城市|不登校生とその家族支援『たゆた・メンタルオフィス』

電話でのご予約・お問合せはTEL.0566-78-6361

〒444-1154 愛知県安城市桜井町咽首187-1

セラピーについてpolicy

セラピーの対象者

教育方針イメージ

当オフィスで直接支援できる不登校のお子さんは、学校へ行きたいという意志を持っていて、そのためならセラピーを受けても構わないと思っているお子さんです。

親は学校に行かせたいけど、子供は行きたくないと言っている場合、最初にセラピーの対象になるのは、子供が言うことを聞かなくてストレスを抱えている親御さんになります。

不登校問題を積極的に改善したいと思っている親御さんがセラピーを受けて変化すると、お子さんも次第に変化していくことが多いです。

親の変化をみて、お子さんがセラピーに興味を持ち始めてから連れてきてもいいでしょう。

よくある不登校問題の勘違い

不登校問題で勘違いされやすいのは、子供だけを何とかすれば解決すると思われがちなところです。

子供が不登校になったのは誰のせいでもないですが、不登校問題は家族の成長課題なので、家族全員で取り組む方が早く改善していきます。

ほとんどの不登校生は、口では学校に行きたくないと言っていても、心の奥では、行けるものなら行きたいと思っているものです。

心で思っていることと、現状が一致しないのはかなりのストレスです。

このストレスを親御さんが理解してあげるのが、不登校問題改善のはじめの一歩です。

一人で抱えていたストレスを、家族と共有できると、子供としてはかなり気持ちが楽になることでしょう。


再登校より優先するもの

目標イメージ

不登校の初期段階では、子供をすぐに再登校させたいと思うことでしょう。

初期段階で登校刺激を強く与え、その後、子供が登校を再開することもあります。

それはそれでいいのですが、あまりにしつこく登校刺激を繰り返すと、親と子の信頼関係にひびが入ることがあります。

親子の間で信頼関係が崩れると、不登校という症状以外にも様々な問題が発生します。

例えば、精神疾患になったり、暴力を振るうようになったり、万引きなどの犯罪を犯すこともあります。

これらの症状を予防するには、親の無条件の愛がなによりも大切です。

再登校を目指すのはもちろん大事なことですが、なによりも親子間の信頼関係を第一に考えていきましょう。


当オフィスでは、不登校で悩む子供を、同年代の子供と同じようにすることを目指すのではなく、その子供独自の成長と発達をお手伝いできればと思っています。


information

たゆた・メンタルオフィス


〒444-1154
愛知県安城市桜井町咽首187-1

TEL.0566-78-6361

電話受付時間
9:00~20:00

営業時間
9:00~17:00
最終14時スタート

土日祝日も営業しています。
(不定休なので、いつでもご相談ください)